decoの凸凹探求ノート

ギフテッド、ASD&ADHD併存として生きる。生活の知恵探しブログ。「生きやすい毎日」を目標に、日常をフィールドワーク!

教会コラム

【教会コラム】木の十字架にかけられたイエス様

十字架は残酷な死刑の道具であり、霊的に見る時は呪いの象徴です。ところが、神のひとり子イエス様が人となってこの地上に来られて、すべての人類にいのちを与えるために木の十字架にかけられて死なれました。これによって十字架は呪いの意味ではなく、限り…

【教会コラム】世界の始まる前から隠されていた奥義

愛なる神はアダムの不従順によってすべての人が死の道に行くようになることを世界の始まる前からご存じでした。それで、驚くべき知恵をもって人間の救いの道を備えて、時になるまで奥義として隠しておかれました。もし敵である悪魔がこのような奥義を知った…

【教会コラム】土地の買い戻しの権利のあるイエス・キリスト

霊の世界の法には罪人に罰を与える「罪から来る報酬は死」という法があるかと思えば、反対にその罪を贖える法もあります。最初の人アダムが罪によって敵である悪魔に任された権力を取り戻すには、罪を贖える霊の世界の法を適用しなければなりません。はたし…

【教会コラム】善悪の知識の木を置かれた理由

創造主の神の大なる愛と深くて妙なる人間耕作の摂理を知らない人々は「神様はなぜ善悪の知識の木を置いて、人を滅びの道に行くようにされたのですか」と聞きます。もし神が善悪の知識の木を置かれなかったら、人々がエデンの園で永遠に幸せに生きていただろ…

【教会コラム】人を耕作なさる神

聖書を読めば、イエス様は多くのたとえで神のみこころと摂理を教えてくださったことがわかります。人間の知識では霊の世界が理解できないので、この地上のものにたとえて悟らせようとしてくださったのです(マタイ13:34)。 その中には種を蒔くたとえ、からし…

【教会コラム】創造主の神

幼い時から「神は生きておられて、創造主であり、全知全能の方だ」ということと神のことばである聖書を学ぶなら、真理を知って創造主の神を信じることが別に難しくありません。今日、大多数の人が学校のカリキュラムから進化論の影響を受けて生きていますが…

【教会コラム】まことの自由

今日、多くの人が罪の奴隷として生きています。

【教会コラム】願いを叶えよう

新年になるとほとんど大きな夢を持って多方面に計画して、企てるが、完全に成し遂げる人は多くないのが分かります。

【教会コラム】健康なクリスチャン

「謙遜と仕え」はクリスチャンが備えるべき資質です。

【教会コラム】見えるものは一時的

この世を生きていく人々は、ほとんどが目に見える現実にだけ執着するので、希望と喜びよりは失望と虚無を感じるほうが多いです。

【教会コラム】内面が美しいなら

最近は、外見至上主義と言えるほど、男女を問わず外見についての感心が高いです。しかし、外見より大切なものがその人の内面だということに、異論のある人はいないでしょう。

【教会コラム】天の通信網

今日、科学技術が発達して、地球の反対側にいる人ともインターネットや電話などを利用して映像で話ができます。いくら遠く離れていても、話をすれば自分の心が表現できるし、相手の心もわかります。

【教会コラム】永遠の報い

もし「一日」という時間が与えられて、石を拾った分、金塊と交換してあげようと言われれば、どうするでしょうか?

【教会コラム】麦と殻

穂には麦と殻があります。ちょっと見れば似ていますが、中が空っぽの殻は使い道がありません。神様を信じている聖徒の中にも、麦と殻がいます。うわべではどちらも同じ聖徒に見えても、その中には神のことばを守り行なう「麦」がいるかと思えば、悪を追う「…

【教会コラム】父の心

ある息子が父からあらかじめ財産をもらって、遠い国で放蕩三昧の暮らしをした後、一文無しになった。悪いことは重なるもので、大ききんになって豚が食べるいなご豆さえ手に入らないほど落ちぶれました。その時初めて、息子は心深く過ちを悔いて、へりくだっ…

【教会コラム】泥棒が好きな家

泥棒が好きな所は、空き家や戸締まりをきちんとしない家です。

【教会コラム】愛される上司

地位が低い時は他の人々を尊重して仕えていても、地位が上がれば、心も一緒に高くなる人がたくさんいます。

【教会コラム】豊かさをもたらす水

大地に降る雨は、土の中にまんべんなく浸み込んで、一部は蒸発し、また雨として降ります。このような循環の過程で、植物の芽が出て育ち、時になれば実を結びます。

【教会コラム】人生の航海

著しく暗礁の多い太平洋のある海辺を安全に運航するなら、人が作って置いた三つの灯台が一直線をなす角度で航海すればよいそうです。

【教会コラム】いのちを生かす言葉

人の言葉にはまことに大きい力がありますが、特に愛が込められた言葉はいのちを生かしさえする驚くべき力があります。人類の歴史には、ただそういう言葉だけを言い、一生を生きられた方がいます。その方の言葉は何巻かの本として書きしるされて、数千年経っ…

【教会コラム】人体リズム

1週間が七日ということは、世界共通です。ロシア革命中に1週間を八日に増やしましたが、生産量が30%減少したので、次に六日に減らしたところ、結果は同じだったそうです。それで、また1週間を七日に戻すと、生産量が回復したそうです。

【教会コラム】理解しながら生きる世

生きていると、夫婦の間や、兄弟、親子の間で、また友だちの間で、本当に理解できないことが起きたりします。

【教会コラム】帰巣本能

帰巣本能があるサケやウナギなどは、生まれた所まで数万キロ離れていても、時になれば間違いなく戻って来て、卵を産んで命を終えます。 ところで、私たち人の深いところには、永遠のものを慕う思いがあります。

【教会コラム】暖かいひと言

何か悩みがあるとき、相手が話をよく聞いてくれるだけでも、心がはるかに軽くなります。 自分の立場で考えて理解してくれるため、心を安らかにしてくれるからです。

【教会コラム】最高の愛

愛する人の代わりに自分の命を渡すことは、まことに感動的なことです。 しかし、誰かの代わりに自分の命を渡さなければならないことがあらかじめわかっていても、その人を愛することは容易ではありません。このように、人の愛には限界があるのです。

【教会コラム】最も美しい香り

あらゆる美しい花が放つその香りをかげば、気分が良くなります。 最近観光地はもちろん、高速道路のサービス・エリアにあるトイレでも、花や人工的な香料を使って悪臭を除去しているのが見られます。 ところが、いくら美しい花の香りやすばらしい香水でも、…

【教会コラム】霊の思い

同じ環境でも、どう思うかにより、幸せな人にも不幸な人にもなります。

【教会コラム】愛の道

イギリスのある広告会社が、スコットランドのエジンバラからロンドンまで最も速く行く方法をクイズに出したが、「愛する人と一緒に行く」という答が選ばれて、大きい賞が与えられたそうです。

【教会コラム】考えを切り替えること

同じように貧しい家で生まれて育ったのに、大きくなった後の姿が違う兄弟がいました。兄は乞食になったのに対して、弟は将来を期待される大学教授になっていました。 その理由は、二人が20年間以上一緒に暮らした家に"Dream is nowhere. (夢はどこにもない)"…

【教会コラム】なごやかな家庭

家庭がなごやかになるためには夫婦の間に平和をつくることが最も重要です。