decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

嫌いな人の為の貯金


Hatena

 

 嫌いな人の為に貯金をしたことがあります。

 毎月のお給料から一部金額を引き出し、給料用口座とは別の口座に入金していました。

 

 

 どうしてこのようなことをするようになったかといいますと、

嫌いな人を無くす為でした。

 

 アスペルガーの特性のゆえ、decoはこだわりを多く持っており、「自分ルール」に反する人はまず気にくわなかったですし、また、傷だらけの心はとても敏感になってしまったので、些細なことでも痛く感じ、よく多くの人と喧嘩したりしました。

 ついカッとなってしまったり、そうでなくても、心の中でひどく相手を嫌い、わざとさけたりしていました。すれ違うたびに「イラッ」となり、相手が話しかけても素っ気ない返事をしたり……

 そうしていくうちに、誰かを嫌うことで一番疲れるのは、自分自身だということに気が付きました。

 しかし誰かを好きになったり嫌いになったりするのは心の問題、感情の問題です。「嫌うのをやめよう」と決めたからといって、すぐに出来るのではありません。

 けど、自分の脳を騙すことぐらいならできるのではないか……とdecoは思いました。

 

 「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ」という言葉を以前聞いたことがあります。

 ならばーー

 「仲良いから親切にするのではなく、親切にしているから仲良くなる」というのも有効なのではないか?

 早速それを検証してみることにしました。

 

 けど元々人と会話するのが苦手なdeco。嫌いな人にいきなり笑顔で元気に挨拶したり会話したりすることなんてとても難しくてできません。何か他に良い方法はないかと、悩んでいた時に「そうだ、小さな贈り物をすることから始めよう!」と思うようになりました。

 そして以前開設したがあまり使っていない口座を「贈り物代」口座とし、ちょこちょこお金を入れるようにしました。「贈り物代」を別途の口座を使い、決めた金額だけ入れて管理するので、普段の生活費に影響が出ない程度に出費できます。

 また、入金時は多少いやいやながらでも、「これは元々私のお金じゃないこれは元々私のお金じゃない」と暗示をかけるようにしました。でないと、お金がもったいなくて払う気になれません;;;;;;;;;;;;;入金後は出来るだけそのお金を忘れるようにしました。

 

 それから、嫌いな人に会うたび、さり気なく「お菓子あるけど、どう?」みたいなノリでお菓子を渡すようになりました。会話もそれ以上なく、また受け取ってもらえる場合もあればもらえない時もありましたが、一言の声掛けだけでも、少しずつ相手との距離が縮まるようになりました

 その後、誕生日をチェックしてプレゼントをあげたり、元気に挨拶できなくても頭を軽く下げて簡単な挨拶をしてみたり……気が付いたら、短い雑談もできるようになれました。

 

 普段嫌いな人なのでお互いに関係が悪く、いつも相手の悪い面や、硬い表情しか目にしないのですが、ちょっと親しくなったある瞬間、ふと相手の顔からチラッと笑顔が出てくるんですね

 その瞬間、凍り付いた心が溶けていくようで、いつしかそれが快感で快感でたまらなくて、あまり自分に笑顔をくれない人がいれば「よし、笑わせてみよう!」とゲーム感覚で楽しむようになりました。

 不思議ですね。

 嫌いな人でも、誰でも、笑顔ってこんなに輝いてきれい

 

 相手の為につくった「贈り物代」口座は、笑顔と温もりの引換券になりました:)。

 

f:id:gifteddecoboko:20180501172224j:plain

(画像元:http://www.sccnn.com

 

「与えなさい。そうすれば、自分も与えられます。」

(ルカの福音書6章38節)

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ