decoの凸凹探求ノート

ギフテッド、ASD&ADHD併存として生きる。生活の知恵探しブログ。「生きやすい毎日」を目標に、日常をフィールドワーク!

【読書レビュー】『銀のいす(ナルニア国物語第4部)』ーー 一人一人、 それぞれの活躍


Hatena

 

 「ナルニア国物語」の第4部を読みました!

 『銀のいす』です。

銀のいす (ナルニア国ものがたり (4))

銀のいす (ナルニア国ものがたり (4))

  • 作者: C.S.ルイス,ポーリン・ベインズ,C.S. Lewis,瀬田貞二
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1966/10/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 10回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 

 今回の主人公は、第3部『朝びらき丸 東の海へ』で「改心」されましたあのユースチス・クラレンスです。 

 その他にも、ユースチスのクラスメイトであるジル・ポール

「沼人」の泥足にがえもんがメインキャラクターとして大活躍します。

 

 ナルニアに急に飛ばされてしまったユースチスとジル・ポール。

 ユースチスは第3部での冒険を終えた後、一年ぶりのナルニア訪問となりますが、ナルニアとユースチスの世界との時間の流れは異なり、既に何十年もの歳月が経ち、若々しかった王子カスピアンは、既に年を取り、おじいさんになっていました。

 カスピアンには息子がいましたーーリリアン王子と呼ばれています。

 が、そのリリアン王子が行方不明になり、カスピアン王は大変悲しみ苦しんでいるとのこと。

 そして、ユースチス、ジル・ポールと泥足にがえもんは、行方不明の王子を探しに、大冒険に出かけます。

 

 王子探しにおいて、ユースチス、ジル・ポールと泥足にがえもんはそれぞれの役割がありました。

 まず、ジル・ポールはアスランより王子を見つけるヒントを四つ教わり;

 ユースチスは第3部の冒険での経験をいかし、冷静な判断力を働かして物事を先へ先へと動かし

 泥足にがえもんは身体をはって命をはって、仲間を危機から引き出しました

 

 知識力で言いますと、

 ジル・ポール>泥足にがえもん>ユースチス

 の順になり、直接アスランから手掛かりをいただけたジル・ポールがトップに来ますが、

 

 経験力では、

 ユースチス>ジル・ポール>泥足にがえもん

 と、ユースチスが一番です。

 

 しかし、行動力においては断然

 泥足にがえもん>ユースチス>ジル・ポール

 であり、誰も泥足にがえもんに勝てません。

 

 本当にこのチームは絶妙に

互いに補足し合って、最高のバランスを保っているのです。

 

 誰かが一人抜けてもいけない、そんなチームなのです。

 

 「三人寄れば文殊の知恵(さんにんよればもんじゅのちえ)」ということわざがあります。

 完璧無欠な存在でないからこそ、私たちは互いに助け合うことが必要です。

 

 人は育った環境や価値観の違いによって、見えてくるものが異なります。

 自分には見えなかったものが他の誰かによって明らかにされたり、

 他人には分からない、自分だけの気付きもあります。

 それゆえ、何人か集まることによって、全体像が見えてくることもあるのです。

 

 一人一人、

 それぞれの活躍があるのです。

 

 なので、誰に対しても見下すようなことをしてはいけません。

 また、誰もが自信を持つべきではないでしょうか。

 

🌸この本で一番心に残った言葉:
 「生きるも死ぬも、アスランこそ、われらの主だ。」

 

🌸この本のdeco評価:

 ★★★★★(満点5★)

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 

  

 (↑クリックで詳細ページへ!)

 

  

 (↑クリックで詳細ページへ!)

 

  

 (↑クリックで詳細ページへ!)

 

 

 (↑クリックで詳細ページへ!)

 

🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com