decoの凸凹探求ノート

ギフテッド、ASD&ADHD併存として生きる。生活の知恵探しブログ。「生きやすい毎日」を目標に、日常をフィールドワーク!

decoの中国語講座~第十一回・もう一つのそり舌音「er」の発音


Hatena

 

 今回の講座では、第八回勉強会にて触れましたもう一つのそり舌音ーー

「er」の発音の仕方について学びましょう。

www.gifteddecoboko.com

 

 

1.単母音「e」の発音復習

 ピンイン「er」の中には単母音「e」の発音が含まれています。

 ここではまず、単母音「e」の発音について復習してみましょう。

www.gifteddecoboko.com

 

 単母音「e」は、単母音「a」と「o」の中間にある発音だと説明しました。

 図で発音の際の口の形をあらわすとこうなります:

f:id:gifteddecoboko:20180728190917j:plain

 一番左側が「a」の発音、一番右側が「o」の発音の口の形です。

 真ん中が「e」の口の形ですね。

 この三つの発音は、発音する際の喉の状態は全く同じで、唇の形のみで発音を切り替えることができる音です。

 なので、「e」の発音練習を行う際、まず発音しやすい「a」と「o」を発音しながら唇の形を変え、「e」につなげていくことがオススメです。

 

 

 「a」から「o」への切り替えはこんな感じですーー

 

 それと同じ要領で、今度は「a」から「e」への切り替え発音をしてみましょう

 こんな感じですーー

大きく丸く開いた口で「a」と発音しながら、口を平べったく、楕円型に切り替えると、「e」の発音が出てきます!

 

 次に、

o」から「e」への切り替え発音をしてみましょう

 こんな感じですーー

口を小さく丸めて「o」と発音しながら、口を平べったく、楕円型に切り替えます。そうしますと、「e」の発音が出てきます!

 

 発音する際の口の形を覚えましょう!

 コツがつかめましたら、一緒に「e」を発音してみましょうーー

 

2.そり舌音の発音復習

 「er」の発音は二段階に分かれます

 まず、単母音「e」を発音する前半の部分と、

 単母音「e」を発音しながら舌を巻く「r」の後半の部分です

 ここでは、そり舌音の発音の仕方について復習しましょう。

www.gifteddecoboko.com

 

 そり舌音は「巻き舌音」とも呼ばれており、呼び名の通り、舌を巻いて発音する音です。

 こちらも図を通して説明しましょうーー

まずはこの図。

 

f:id:gifteddecoboko:20180707134138j:plain

 

 これは普段の私達の口内状態です。

 舌が自然に真っすぐな状態にあります。

 

 そしてこちらの図。

f:id:gifteddecoboko:20180707134733j:plain

 これが「そり舌音」を発音している時の舌の状態です。

 くるっと喉奥に向かって巻いているのが分かりますね。

 

 注意点としては、「巻き過ぎない!」ことです。

 人それぞれによって、舌の置き場所が異なると思います。

 この図のように、中間が丁度良い人もいれば。

 ちょっと巻くだけで発音が丁度良い人や、

f:id:gifteddecoboko:20180707135144j:plain

 

 多めに巻かないと良い発音が出せない人もいます。

f:id:gifteddecoboko:20180707135304j:plain

 

 ここは皆さんの口内状態によりますので私は確認できません(笑)。

 音声を聞きながら自分の発音と比較して、舌の丁度良い場所を探し、ロックオンしてくださいね!

 

 

 ではそり舌音「zhi」「chi」「shi」の発音をしてみましょう。

 「zhi」は日本語「ず」のそり舌バージョンーー

 

 「chi」は日本語「つ」のそり舌バージョンーー

 

 「shi」は日本語「す」のそり舌バージョンーー

 

 いかがでしたか?

 では最後に、これらを踏まえて「er」の発音をしてみましょう!

  

3.「er」の発音練習

 「er」の発音には三つのポイントがあります:

 ①前半「e」の部分は単母音「e」の発音

 ②後半「r」の部分はそれ舌音

 ③いきなり舌を巻いて発音するのではなく、平舌から巻き舌への舌の変化がある

 

 そり舌音「zhi」「chi」「shi」はどちらも最初から舌を巻いたまま発音しますが、

 「er」は「e」の部分は平舌、「r」の部分は巻き舌と、一つの発音で舌の形に変化があるのが見られます。

 音声を聞いてみましょうーー

 

 では、分かりやすいようにゆっくり発音していきます!

 単母音「e」を発音しながら舌を巻きあげている過程を感じてみましょう!

 

  最後に、もう一度「er」を発音してみましょうーー

 

 ここ最近ピンイン発音をメインに学んできましたが、次回からまた久しぶりにフレーズ練習に戻ります:)。

 ピンインをしっかり学習した上でフレーズを学ぶと、自分でもびっくりするぐらい正確な発音ができるようになりますよ!

 お楽しみに!!!

 

【今回の宿題】

・「er」の発音練習

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 

🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com

 

f:id:gifteddecoboko:20180526153421j:plain

(画像元:http://01.gatag.net/