decoの凸凹探求ノート

ギフテッド、ASD&ADHD併存として生きる。生活の知恵探しブログ。「生きやすい毎日」を目標に、日常をフィールドワーク!

【読書レビュー】『トモ、ぼくは元気です』ーーその気持ちが環境を変える


Hatena


 『トモ、ぼくは元気です』を読みました!

 

トモ、ぼくは元気です

トモ、ぼくは元気です

 

 

 ある事をきっかけに、主人公の和樹君は夏休みの間だけ家を離れ、おじいちゃん、おばあちゃんの元で暮らすことに。

 そこでおてんば娘の「夏美」と、その双子姉妹である「千夏」との出会いからお話は始まります。

 和樹君は急にも「伝統の一戦」と呼ばれる、二つの商店街間で行われる金魚すくい大会に出て欲しいとお願いされます。が、その裏には深い訳があったーー

 

 障害者を理解する者、障害者を嘲る者、障害者に対し距離を取る者、そして、障害者本人。

 一つのストーリーで、障害者に関わる色々な人間関係と立場が出てきて、とても興味深く読めました。

 

 

 

 

 この世に生まれることにおいて、私達は何一つ選べる物はありません。

 生まれ育つ環境も、自分自身の身体の具合も、全てです。

 与えられたものをただ受け入れることしかないのです。

 理不尽なこともたくさんあるでしょう。

 しかし、苦しい中でも、幸せを見つけ、輝いて生きることは出来ます。

 

 私が尊敬しているニック・ブイチチさんがまさにこのような方です。

www.gifteddecoboko.com

 

 生まれつき手足がないニックさん。

 けど、彼は誰よりも幸せな日々を送っています。

 手足がないからこそ、自分の辛い経験があるからこそ多くの人を励ませていると、感謝いっぱいで生きています。

「私が幸せなのは“自分には欠けているものがあるけれど、ニック・ブイチチという人間としては何一つ足りないものはない”と気づいたからです。」ーーニック・ブイチチ

 

 周りからの支援はもちろん大事ですが、

一番大切なのは、本人の気持ちです。

 

 

自分を愛する気持ち、

一生懸命生きる気持ち。

 

 

 それは時に、環境でさえ変える大きな力を持ちます。

 

🌸この本で一番心に残った言葉:
 「障害児、障害児って、なんやねんな。桃花は桃花や。障害児なんて名前とちゃうわ。」

 

🌸この本のdeco評価:

 ★★★★☆(満点5★)

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

(↑クリックで詳細ページへ!)

 

🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com