decoの凸凹探求ノート

ギフテッド、ASD&ADHD併存として生きる。生活の知恵探しブログ。「生きやすい毎日」を目標に、日常をフィールドワーク!

【15】バイリンガルの良い点・辛い点(「マシュマロ」のお返事)


Hatena

 

新しく「マシュマロ」メッセージをいただきました!

 お便りありがとうございます!!!

 

www.gifteddecoboko.com

 

 いただいたお便りはこちらですーー

f:id:gifteddecoboko:20181027173353p:plain

 

 良いところとしては、まずどちらの国でも自在に暮らせることですね!

 言葉だけでなく、文化・習慣の面においても対応が出来ます。

 

 そしてどちらの国の事情も大体分かってくるので、それぞれの立場で観点を持つことが出来ます。

 固定概念を常に疑い、広い視点で物事を見ることが出来るようになります。

 

 多母語環境はまた、語学勉強においても大きく役立ちます

 外国語を学ぶことにおいて、母語の干渉が大きな妨げになる場合がありますが、異なる文法構成を持つ二つの言葉を母語にすることによって、その影響を和らげることが出来ます。

 また、扱い慣れている文法と似た外国語は比較的簡単に覚えやすいと言われていますが、バイリンガルの場合はその可能性がもっと広がります。

 例えば、日本語と韓国語は文法が似ていますので、日本の方が韓国語を学習する際、英語や中国語より身に付きやすいと言われています。

 

 

 そして辛いところですが、「所属感」があまり無いことですね。

 以前の記事でありましたように、decoは自分が何人なのかよく分からないのです。

www.gifteddecoboko.com

 転々としてきたので、「地元」という感覚が薄く、幼い頃から一緒に育った仲間とかもいません。

 時にはとても寂しい思いもします。

 

 ただ、それと引き換えに、限られた範囲にとどまらず、広く広く展開していけるというメリットもあります。

 例えばdecoの親友達は韓国人だったり、フィリピン人だったり、アメリカ人だったりします。

(本当に面白い事ですが、日本人と中国人の友達とはそこそこ仲良くなっても、なぜかそこまで親密な関係に発展できないのです(笑)。)

 

 なので、これについてくよくよせず、上手く利用し、世界に出ていける、グローバルな人間になることを目指しています。

 

 decoの経験が皆さんのお役に立てましたら幸いです。

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 
🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com