decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

【読書レビュー】『耳の聞こえない子がわたります』ーー過剰に心配されたくない


Hatena


 『耳の聞こえない子がわたります』を読みました!

 

 

耳の聞こえない子がわたります

耳の聞こえない子がわたります

 

 

 ミーガンは、赤ちゃんのときに重い病気にかかり、そのせいで耳が聞こえなくなってしまった女の子です。

 けど、彼女は、決して自分は何か欠けているとか、可哀そうだとか思っていません。

 それどころか、明るくて陽気で、とてもパワフル!

 誰とも友達になれて、ミーガンから元気をもらっている人はたくさんいます。

 

 そんなミーガンの近所に、ある日新しい女の子ーーシンディが引越してきました。

 シンディはミーガンが耳が聞こえないことを知り、一生懸命手話を覚え、二人は徐々に仲良くなっていきますがーー

 

 

 

 

 「耳が聞こえない」と言われると、多くの人は「大変そう」とか、「何かしてあげなきゃ」と考えますが、ミーガンにとってはそれは嬉しいことではなく、かえって「自分のことは自分でできるから」と、余分なおせっかいを嫌います。

 

過剰に「違い」を強調されることは、

たとえ親切からした行為でも、

ちょっぴり嫌な気持ちになるものです。

 

 確かに、decoの場合も、必要以上に発達障害のことを話されたり、心配されると、何かぎこちないのです。

 

 普段の生活でも、もし相手のあるコンプレックスについて知った場合、いちいちそれを強調せず、さりげなくフォローするぐらいで済んでいるでしょう。

 このように、必要な場合を除いて、普段の生活ではやはり「障害」を「障害」と捉えられるより、「コンプレックス」として自然にフォローしてくれた方がありがたいと思っています。

 

 その方が「私は普通じゃない」と思わずに済むし、自信を持って自分の良いところを思う存分発揮することも出来る気がするのです。

 

 

 

🌸この本で一番心に残った言葉:
 「シンディといるのはとても楽しい。だけど、すごく腹が立つこともある。親友をもつってこんなふうなのかな?」

 

🌸この本のdeco評価:

 ★★★★★(満点5★)

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ 

 

 

🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com