decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

【読書レビュー】『f植物園の巣穴』ーー過去の自分と向き合う


Hatena

 

 『f植物園の巣穴』を読みました!

 

f植物園の巣穴 (朝日文庫)

f植物園の巣穴 (朝日文庫)

 

 

 興味深い…!
 こういった内容で、「過去と向き合う」を表現するのはとても面白いと思った。

 

 主人公は痛みを心の奥にひそみ、辛さと戦いながら生きてきたのだろう。
 しかし、見事その全てを思い出し、向き合ったのだ。
 「現在」と「過去」が混ざった、一つ一つのカケラを見付け、集め、また、集まるに連れて、「過去」も「現在」も完結した。
 そしてこれでやっと、今までの人生も完結した。

 

 辛い時、目の前のモヤモヤにばかりとらわれずに、一旦「迂回」してみたほうが、案外近道だったりする。

 

 きっと私達誰もが、「乳歯」という心の傷を持っていて生きている。
 これらを解決出来る鍵は、きっと「過去」のどこかにあって、それを見つけるまで、心の痛みは無くなることはないのだろう。

 

 「過去」と十分に折り合いをつけることが出来なければ、完全なる「今」は無い。


 「今」の問題のように見えるものも、「過去」の延長線だったりする。

 

 

🌸この本で一番心に残った言葉:
 「乳歯は次の歯がせり上がってくるので仕方なく抜けるのです。今ここで無理に抜いてしまっても、そのせり上がってくる歯がないのであれば、ぽっかりと隙間が空くだけです。」

 

🌸この本のdeco評価:

 ★★★★★(満点5★)

 

 

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com