decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

【読書レビュー】『シロクマたちのダンス』ーー本来あるべき自分へ


Hatena

 

 『シロクマたちのダンス』を読みました!

シロクマたちのダンス

シロクマたちのダンス

 

 

 一応児童文学なのだが、内容はとても重く、所々性的な描写もあり、大人が読んでもやや息苦しさを感じる一冊だった。

 

 お話は主人公の男の子ーーラッセの母親の裏切りから始まり、ラッセは、自分の母親が父親以外の男性と親密にしているのを目撃してしまう。

 たのしく幸せだったはずのクリスマスパーティーも、母親の秘密がばれたことにより台無しになり、ついにラッセの両親は離婚することになる。

 ラッセは大好きなお父さんを離れ、母親にもらわれることに。

 新しい家へと向かうラッセを待ち構えるのは、今までに体験したことがない、ドタバタとした毎日だったーー

 

 

 

 子供たちはなんと無力なのだろう。

 生まれてくる家も、両親も、育つ環境も何一つ自分で選ぶことが出来ない。

 周りの大人の自分勝手な行動一つで、運命でさえ変えられてしまう。

 

 結果、ラッセは新しい父親の元を離れ、生みの父親が住む家へと帰るようになる。

 それは父に対する愛だけでなく、

本来あるべき姿に戻る為でもあった。

 

 私たちの手ではどうしようもない、変えられないことはたくさんあるが、せめて変えられることに対して、何か行動を起こすようにしたい。

 

 

🌸この本で一番心に残った言葉:

 「ぼくは、ぼく以外のだれにもなれないということなのです。そして自分がだれなのかは、自分で見つけなければいけないのです。」

 

🌸この本のdeco評価:

 ★★★☆☆(満点5★)

 

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com