decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

【2019.3.11】ありのままで十分素敵


Hatena

decoの2019年3月11日

 

【ありのままで十分素敵】

今日紹介します記事はこちら!

delete-all.hatenablog.com

 

 まさに自分の状況を書き出したような記事でした。

 

 以前書いた『20代の焦り』記事にありますように、私は20代後半から今にかけて、常に何かに追い立てるように成長を求め続けてきました。

www.gifteddecoboko.com

 

 

 少しでも失敗すると自分をひどく責め、日々自分の粗探しをしては、心の中で「私はダメなやつだ」と思っていました。

 そのせいか、精神状態がどんどん悪化し、身体の具合も弱くなり、焦れば焦る程、出来る事がどんどん少なくなっていきました。

 

 

 ここで話が少しそれますが、摂食障害になった知り合いの子がいました。

 その子はどうしても自分が太っているように思い、毎日数時間も運動をしたり、ご飯をきちんと食べなかったりしていました。

 周りがどんなに「食事はちゃんととった方が良い」とすすめても聞きませんでした。

 

 痩せてもっときれいなスタイルになりたかったのでしょう。

 でも、その不健康的な痩せ方は決して美しいものとは言えず、ただ皆を怖がらせるだけでした。

 

 その後彼女は心療内科に通うようになりますが、そこで先生に、摂食障害になってしまう理由の一つは、

脳が『私は太っている』という考えにとらわれていて、

そこから抜け出せない状態になっている

と言われたのです。

 

 

 そこで、もしかしたら必死に成長することだけに執着しているのも、これと似ているのではないかと思いました。

 

 今のままでも十分学校や職場で活躍している、自分だけの特別な能力や個性を持っている、けど、

脳が「自分はダメだ、足りないんだ」という

考えにとらわれてしまって、

そこから抜け出せず、

必要以上に成長を求めるようになってしまっているのではないでしょうか。

 

 そんな執着心がもたらす成長も、ひょっとしたら周りの人の目には、(摂食障害の子の異常な痩せ具合のように)不自然に映っているのかもしれません

 

 

 意外と、私たちは自分が思った以上に優秀で、ありのままで既に素敵なのかもしれませんね。

 ありのままに生活を、人生を楽しみ、

 目標に対しては、急がず焦らず、計画を立ててコツコツと目指す。

 

 このような生き方の過程で得た成長こそが、より自然で、より美しいのではないでしょうか。

 

 

【今日の出来事】

 今日、精神科の先生に

「不安症状なんて薬で治れる訳ない」

と怒鳴られました。

 

 そう言っておきながら3、4種類の薬をちょろっと出しちゃうものだから、本当訳が分からない。

 でもこれをきっかけに、断薬することにしました。

 

 健康なもの食べて、

 いっぱい運動して、

 たくさん笑って……

 

 薬に頼らないで、元気になるようにします。

 

 ということで、取り敢えず野菜たっぷりのあんかけ焼きそばから。

f:id:gifteddecoboko:20190311223204j:image

 

 食生活を見直し、より健康な毎日を過ごすよう心掛けていきたいと思います。 

 

 

でわでわ!
今日も一日、お疲れさもっふん!

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 
🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com

f:id:gifteddecoboko:20190311223423p:plain

(画像元:PNG画像、背景、およびベクトルの何百万もの無料ダウンロード| Pngtree