decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

【読書レビュー】『あたしが乗った列車は進む』ーー大きくて、小さな人生


Hatena

 

 『あたしが乗った列車は進む』を読みました!

あたしが乗った列車は進む (鈴木出版の児童文学―この地球を生きる子どもたち)

あたしが乗った列車は進む (鈴木出版の児童文学―この地球を生きる子どもたち)

 

 

 一般的な物語は、主人公が主体となって物語を進んでいくのですが、この本は主人公そのものが物語でした。
 キャラクターの紹介は一切無し。
 話が進むにつれ、「あたし」がどんどん開示され、終盤には全てが解き明かされていきます。

 

 どうして「あたし」はこの列車に乗ったのか。
 なぜ「あたし」は一人で旅をすることになったのか。
 これから「あたし」はどうなっていくのか。

 

 所々にヒントが散りばめられており、それを見つけるたび、主人公の家庭環境、苦労した思い、心の闇が浮き出し、胸が締め付けられそうな思いになりました。

 

 


 人生の出来事は、私達一人一人にとっては全部です。
 それらはとても大きく、重く感じることがありますが、同時にちっぽけなものでもあります。
 辛い事があっても、それは決して「自分だけ」ということではありませんし、既に他の誰かが、これを乗り越える方法を知っているかもしれません。
 そして、様々な道があります。

 

 きっと、どんなに苦しくても、人生は完全に行き詰まるようにはなっていないのでしょう。 


 だから歩き続ける価値があるのです。

 

🌸この本で一番心に残った言葉:
 「なりたい自分になるよう努力して。そして自分を愛するの。それができてはじめて、自分の気持ちや他人の意思を、心から信用できるようになるの。」

 

🌸この本のdeco評価:

 ★★★★☆(満点5★)

 

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com