decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

テクノロジーに喰われる


Hatena

 

 東京駅は、「マイペース」を許さない空間だ。
 通る度に、息苦しさを感じている。

 

 せかせか歩くマジョリティによって、そこのスピードは決められており、ゆっくり歩いていたりすると、必ず邪魔になる。
 ただ自分のペースで歩くだけで、誰かの走行を妨げてしまう。

 

 ぶつかられたり。
 舌打ちされたり。
 睨まれたり。

 

 私自身も、その故とても進みづらい。

 

 だから、東京駅にいると、自然と速く歩くようになる。
 目に見えない大きな流れに強いられて、そうせざるを得ないのだ。


 それはまるで、現代社会の縮図のよう。

 

 殊に、テクノロジーの発展がまさにこのようなものだと思った。


 最近になって特に、テクノロジーが「生活が便利になる」を言い訳に、どんどん私達の空間を侵略しつつあるのを感じる。

 

 身近な例として、例えばパソコン。
 ひと昔前までは、パソコンなんてあれば便利だが、無くてもこれといって困ることは無い、ただそれだけの存在だった。
 だが今はどうだろう。
 作業が出来なければ、就職も出来ない。
 小学校から既にプログラミングを学ぶようにもなっている。
 子供から大人、お年寄りまで、パソコン知識が無ければ暮らしていけない環境になってしまった。

 

 そしてスマートフォン。
 「多機能で、ちょっぴり便利でおしゃれな携帯」だったものが、すっかり人々の生活形態を変えつつある。
 中国では、既にスマートフォン操作が出来なければ、現金があっても買い物さえ出来ない、そんな状況になっている。
 いつか日本も、いや、全世界がそうなっていく。

 スマートフォンを使いこなせるかが、生きるか死ぬかにかかってくる

 

 今後は更に、AIや自動運転、5G等の技術によって生活は占めつくされるであろう。


 現代社会で生きる残れるかどうかが、テクノロジーを受け入れるかどうかにかかっていると言っても過言ではない。
 いつか、テクノロジーが暴君化し、人々を支配する時代が来るだろう。

 

 「あったら便利」ではなく、
 「無ければ生きていけない」。

 

 そうなってしまった時、人は確実にテクノロジーに喰われる。 

 

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com

f:id:gifteddecoboko:20190420061101p:plain

(画像元:PNG画像、背景、およびベクトルの何百万もの無料ダウンロード| Pngtree