decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

気圧を感じる人たち


Hatena

 

 とあるマイノリティカフェにて、お客様同士で雑談をしていた時のこと。
 ふと、誰かが「今日は気圧が低いねぇ」と一言。
 「そうだね~」と相槌の声。
 つられて私も、「頭の上に重くのしかかってくる感じだね」と返事をした。

 

 自然にふっと出たその話はそれっきりとなったが、後になってふりかえると、実に「知る人ぞ知る」話題だったのではないかと思う。

 

 全ての人が、このように敏感に気圧を感じ取れる訳ではないからだ。

 


 私の含め、世の中には一部、体調が天気につられて変化する人たちがいる。
 なんか頭がズキズキ痛む日は、案の定、雨が降ってきたり。
 すーっと身体が軽くなったと思ったら、今度は晴れ間がさし込んできたり。
 まるで「人間天気予報」だ。


 天気が原因で体調不良を起こす場合もあって、それを「気象病」と呼ぶが、ネット情報によると、どうも耳が敏感な人がそうなりやすいらしい

 

 耳の中、鼓膜の奥には、かたつむりの殻のような形をした器官があって、それを「内耳」と呼ぶ。気圧を感じるセンサーがこの「内耳」だと言われており、気圧が変化すると、それが刺激されて、自律神経を活性化させるのだとか。
 それによって、交感神経、副交感神経の働きが激しくなり、頭痛を起こしたり、眠気・だるさを感じるようになるみたいですね。


 ちなみに、冒頭で話したマイノリティカフェに来るお客様は、発達障害当事者の方が多い。
 中には聴覚過敏の方もいる。やはり耳が敏感な故、過剰に気圧の変化を感じ取ってしまうのだろう。

 

 こればかりは、イヤーマフでも、ノイズキャンセリングイヤホンでも防げない。
 こまめに天気予報をチェックし、辛い日は無理しないできちんと休むよう心がけよう。
 耳のマッサージも、耳周りの血流を良くし、気象病を和らげる作用があるようだ。

 

 そして普段から、自律神経の乱れに気をつけ、規則正しい生活をしよう。

 

 

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com

f:id:gifteddecoboko:20190503203402p:plain

(画像元:PNG画像、背景、およびベクトルの何百万もの無料ダウンロード| Pngtree)