decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

【2019.5.29】「弱い者」は「正しい者」になりがちーースルメロックさんの漫画炎上で思ったこと


Hatena

decoの2019年5月29日

 

【「弱い者」は「正しい者」になりがちーースルメロックさんの漫画炎上で思ったこと】

今日紹介します記事はこちら!

togetter.com

 

 スルメロックさんの漫画が炎上しました。
 色々とややこしいので、ここでは詳細は説明しません。
 上記リンクを見ていただけましたら幸いです。

 

 スルメロックさんの漫画は共感出来るものが多く、普段からちょくちょくと読ませていただいておりますが、まさかこのように炎上し、WEB漫画掲載の終了まで追い込まれるようになってしまうとは……
 びっくりです。


 発端となった漫画も、炎上しましたスルメロックさんの漫画も読ませていただきました。
 賛否両論のコメントが飛び、全部読み切れない状態ですが、多くの方がこれらの漫画によって不快な思いをされたようです。
 特にスルメロックさんの漫画では、過激な表現があり、それが読者の反感をかってしまったのではないでしょうか。
 実際、私も読んでいて気持ちが重くなりました。

 

 ただ、それだけでスルメロックさんが間違っているかというと、どうもそう言いきれない気がするんです。


 世の中には、悪い男性がいます。
 一方、悪い女性もいます。
 これは確かです。

 

悪い男性にひどく傷つけられた女性もいれば、
悪い女性に人生をダメにされた男性だっているわけです。

 

 これは誰も否定出来ないと思います。

 


 今回の事件の発端となった漫画では、痴漢をする男性を「クズ」、「変態」だと表現し、自己防衛の為に安全ピンで「そんなやつ」を刺しても構わないというセリフがありました。
 悪い事をする人はそうされて当然だということを伝えたいのでしょうね。

 

なら、もし悪事した人が女性だったら?ーー

 

 それで、スルメロックさんの漫画が登場した、ということです。

 


 炎上した理由として、漫画の表現が過激過ぎたからというのも確かですが、
「弱い者」を「正しい者」と思いがち
という考えの癖も影響しているのではないかと私は思います。

 

 無意識に「女性は弱者だ、守るべき対象だ」という考えがあったのではないでしょうか。
 だからスルメロックさんの漫画に反対することによって「弱者」の肩を持ち、それが「正しい」と判断したのだと思います。

 


 この記事で言いたいことは:
「弱者」だからと言って、
必ずしも「正しい」ことではない
ということ。

 

 それと、
本当に男女平等をうたうなら、
無意識に女性を「弱い者」扱いするのは避けて欲しい
ということです。

 


 話しが変わりますが、たまに資格講座のCM等で、「出来る人間」に女性、「出来ない人間」に男性のキャストさんを使っているのを見かけます。


 見る度に違和感を感じていたのですが、よく考えてみたら、このモヤモヤ感は今回の事件に対する気持ちと同じものだったことに気付きました。

 

【最近の出来事】

 雨が降って、一気に気温が下がりました。
 寒い……ㅇㅅㅇ;;;;;;;;;

 

 身体を壊しそうです。

 

 皆さんも、体調管理にお気をつけて!

 

 

 

でわでわ!
今日も一日、お疲れさもっふん!

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 
🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com

f:id:gifteddecoboko:20190529181342p:image

(画像元:かわいいフリー素材集 いらすとや