decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

【2019.6.13】ネットは、お互い顔が見えないからこそ怖い(Hagexさんが亡くなられて、一年になりました)


Hatena

decoの2019年6月13日

 

【ネットは、お互い顔が見えないからこそ怖い(Hagexさんが亡くなられて、一年になりました)】

今日紹介します記事はこちら!

delete-all.hatenablog.com

 

 ああ…もうあれから一年経つんですね……

 

 一年前、私はこのブログを開設したばかり。

 まだブログのことも分からず、色々な方のブログを拝見しまわっていたところ、Hagexさんがお亡くなりになられた記事を目にしました。

 

 それを機に、お亡くなりになられた事件の経緯、及びHagexさんのブログも読ませていただきました。

 

 

 とても複雑な気持ちでした。

 

 

 フミコさんのブログに

なぜ、会ったこともない、ネット上で直接やり取りをしたこともない相手に強い殺意を持てるのか、理解できないのだ。

 とありますが、むしろ、会ったこともない、やり取りをしたこともない相手に対してだからこそ、真実に基づかない想像がどんどん膨らんでいくものなんです。

 

 人と人とのコミュニケーションにおいて、不可欠なものが「チャネル」です。

 これはつまり、相手から読み取れる情報で、

・性別

・服装

・表情

・その人がいる環境

等々があります。

 見えない情報の部分を、人は知らず知らずに、想像を使って補います。

 

 例えば、誰かと電話するとき、声しか聞こえない状態でも、自然と脳内ではその声に基づいた性別、顔、表情を想像したり、

 文字でのやりとりしかないSNSのチャットとかも、文面を読みながら話し手の口調等を想像しながら行っています。

 

 ですが、人はどうしても自分の都合に合った想像をしがちです。

 それが誤解を生む大きな原因です。

 

 

 よくネットはお互いのことを知らないからといって、好き勝手な発言をする人がいますが、実はそこがネットの一番怖いところです。

相手の想像次第で、

何気ない発言がとんでもない方向に

理解されてしまうこともあるのです。

 

 

 なので、話し手はすれ違いを防ぐ為にも、柔らかい表現を使ったり、顔文字やスタンプなどを送って不足している「チャネル」を補い、なるべく誤解を減らすよう努力しないといけません。

 聞き手としても、確かめる前に勝手な解釈をしていらだったりせず、なるべく何度もやりとりをして、相手が本当に伝えたいことは何かを確認してからリアクションするべきでしょう。

 

 

 Hagexさんのような悲しい事件が二度と起こらないよう、皆それぞれが冷静を保ち、早まった判断をせず、正しくネットと向き合わなければならないと思うのです。

 

 

【最近の出来事】

 梅雨入りですね。

 今日は久しぶりに晴れましたが、最近雨の日が続くようになりました。

 

 気温も下がり、最近は肌寒いぐらいです。

 

 風邪ひかないように気を付けないと……

 

 

 

でわでわ!
今日も一日、お疲れさもっふん!

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 
🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com

f:id:gifteddecoboko:20190613230952p:plain

(画像元:PNG画像、背景、およびベクトルの何百万もの無料ダウンロード| Pngtree