decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

他人を見失う「寂しさ」、自分を見失う「寂しさ」


Hatena

 

 一般的にいう「寂しさ」は、他人とのつながりが薄れることによって起こる気持ちを指す。
 あまりにも周りの人との交流が少ない故に湧いてくる感情だ。

 

 けど、それとは逆に、大勢の人と一緒にいる時に襲われる寂しさもある。
 パーティーや飲み会で、ふと虚しく感じてしまう、あの気持ちだ。

 

 それについて不思議に思っていたが、ひょっとしたらこれは自分とのつながりが薄らぎ、
自我を見失ってしまった故に起こる
もう一つの寂しさなのではないだろうか
と思った。


 「寂しさ」はきっと、他人と自分に割り当てる時間がアンバランスな時に起こるものなのだろう。

 


 自在に時間配分が出来れば、このような感情も起こらないと思うが、現実は難しい。

 

 まず、私たちは他人をコントロールすることは出来ない。
 人恋しくて誰かと話したいと願っていても、丁度良く付き合ってくれる相手がいるとは限らない。

 

 じゃあ自分だけの時間なら上手に過ごせるかというと、そうでもない。
 一人になった途端、どうすれば良いか分からず、かえって戸惑ってしまう人もいるからだ。
 忙しくて、中々落ち着けない人もいる。
 
 なので、寂しさというのは、この世の常なのではないのかと思った。

 


 所謂「寂しがり屋」は、寂しい気持ちを非常に恐れ、何とかして気分を紛らわそうとするが、それを喜怒哀楽と同じように、一つの日常感情として受け入れてしまう方が良いのではないかと私は思う。
 冷静に付き合っていくのだ。

 

 結局、「寂しさ」は他人か自分かとつながりを求めようとする気持ちだ
 それとしっかり向き合い、見つめることによって、現在の自分の人間関係状態を確認出来る。


 「他人」に合わせ過ぎて、「自分」をおろそかにしているのではないか。
 「自分」の中に隠れ過ぎて、「他人」と離れてしまっているのではないか。


 その気持ちを踏まえて、時間配分を見直せる。
 「寂しさ」は、人間関係の改善チャンスになるのだ。

 


 「他人」と「自分」とのバランス感は人それぞれだが、どちらかというと、私は「他人」より、「自分」を見失う寂しさが耐えられない。
 自分が消えそうになることは、私にとって、とても怖いことなのだ。

 

 なので、誰かとつながる前に、まず自分としっかりつながっていたい。
 私にとっての心地よい人間関係は、これが一番の前提となる。

 


 皆さんは如何だろうか?

 

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com

f:id:gifteddecoboko:20190629084830p:plain

(画像元:PNG画像素材、背景、イラストの何百万もの無料ダウンロード| Pngtree)