decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

【46】応用言語学研究科について


Hatena

 

新しく「マシュマロ」メッセージをいただきました!

 お便りありがとうございます!!!

 

www.gifteddecoboko.com

 

 いただいたお便りはこちらですーー

f:id:gifteddecoboko:20190717124223p:image

 

 応用言語学研究科にいました!
 こう答えると、よく「どの国の言葉ですか?」なんて聞かれますが、「応用言語学」というのは、実は語学に限りません。

 

 簡単に説明しますと、言語関連なら何でもあり!
 文法を研究する方もいれば、ほぼ生物学に近い発声器官構造を研究する方もいました。

 

 若者言葉の変遷を調査したり、英語の敬語について調べたり、語学教育についてまとめたり……
 非常に幅広い学問分野なので、それぞれの好み・興味にあった課題に自由に取り込めました。
 ちなみに私は、メディアとコミュニケーションについての研究です!
 異なるメディア媒体(手紙、電話、チャット等)でのコミュニケーションの違いを調べていました。

 


 実験やデータ収集をされている方もいましたが、ほぼ文系の研究科なので、メインはやはり先行研究資料集め!
 なので、研究室のデスクは、いつも資料が山積みでした。
 図書館の書物からコピーを取った資料や、市販の専門書、CiNiiサイトからダウンロード・プリントアウトした論文……

ci.nii.ac.jp

 

 乱雑過ぎて今に崩れそうなところもありました。

 


 研究成果については、一年に何度か、学会等を通して発表します。

 

 院生だけでなく、一般市民の方々も聞きに来られます。
 中には教授並に鋭い質問をされる方もいて、発表が終わるまではただただ緊張していたのを覚えています。

 

 でも、やはり発表結果の良し悪しって、どれぐらい努力したかで変わってくるんですね。
 理論を十分に裏付け出来る資料がまとまっており、且つそれらが分かりやすい言葉で表現することがとても大事!
 研究過程は大変でも、発表時に皆が「なるほど!」と頷いてくれたり、「面白い!」と評価してくれたりすると、とても達成感があります。
 自分以外の方の研究を聞くのもとても面白いもので、異なる観点を知ることで、どんどん視野が広がります。


 学会以外も、普段はセミナー、研究室の交流会もありました。
 比較的積極的に研究活動が出来ていたかなと思っています。

 

 

 本当に楽しかった2年間でした!
 もし出来るのであれば、もう一度院生生活を送っても良いぐらいです。

 

 学び直しされる社会人の方もいらっしゃいますし、また機会があったら……なんて考えています。:) 

 

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com