decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

【読書レビュー】『はみだしインディアンのホントにホントの物語』ーー日々の「無駄遣い」をしてないか?


Hatena

 

 『はみだしインディアンのホントにホントの物語』を読みました!

はみだしインディアンのホントにホントの物語 (SUPER!YA)

はみだしインディアンのホントにホントの物語 (SUPER!YA)

  • 作者: シャーマンアレクシー,エレンフォーニー,Sherman Alexie,Ellen Forney,さくまゆみこ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/01/27
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 1人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

 かなりのユーモアセンスがつまった一冊だが、壮絶過ぎて笑えない。


 インディアンのリアルについて、実に生々しく書かれており、主人公のジュニアを通し、インディアンが社会で地位を持ち、成功することの難しさを改めて知った。
 保留地のこと。
 白人にさげすまれていること。
 希望無くした多くのインディアンが戦う意志を失い、絶望の中で一生を終えていくということ。

 

 民族が違うだけでこれ程の社会的格差が生まれるのだ。
 白人の子が生まれながらにして既に手に入れているものを、ジュニアは倍の努力をしないと成し遂げられないところに皮肉を感じた。


 ただ、そんなジュニアが惨めで可哀そうかと言えば、決してそうではない。


 生まれつき恵まれている者は上に立つーー
 そういうイメージが多いかもしれないが、簡単に手に入れたものほど、つまらないものはない。

 「苦労してようやく同レベルになった」と言われることもあるが、決して同じではない。

 

 心構えが違う。
 経験が違う。
 いまある全てに対しての理解が違う。

 

 よって、これらの「財産」の使い方も違ってくる。

 


 当たり前のようにそれらを持っている人たちは、浪費しがちだ。
 良い環境があれば、なおさらそれを大事にして、家族や友情、勉強や仕事等、やるべきことに投資するべきなのに、そういう人たちは簡単に無駄遣いする、放蕩する。
 十分に価値を分かってないからだ。

 

 逆に、苦労してきた人たちは何一つ無駄がないよう、ありったけの資源をしっかりと使いこなせる。
 よって、より効果が出るのだ。

 

 恵まれない人たちがかえって成果をあげているのは、そのせいなのではないだろうか。

 


与えられた全てに価値を見いだせているか、

十分に活用出来ているか。


 是非自分自身に問いかけてみたいものだ。

 

 

🌸この本で一番心に残った言葉:
 「どの分野で生きるにしろ、人間の価値は、一流になるために注いだ努力に正比例する。」

 

🌸この本のdeco評価:

 ★★★★★(満点5★)

 

 

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com