decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

私の自炊弁当事情


Hatena

 

 我が社のお昼休憩時間は、12時から13時迄の1時間だ。

 

 食堂も社食も無いので、昼食は各自で自由にとっている。
 グループになって外食する者もいれば、コンビニでお弁当を買う者もいて、前もって弁当業者に申し込んで、お弁当を届けてもらう者もいる。


 そんな中、私は自炊弁当派だ。
 前もって用意したお弁当を会社に持ってきて、給湯室のレンジで温めて食べている。

 

 

 一時は体調を悪くし料理をする体力が無かった為、しばらく弁当業者の世話になっていたが、そこのお弁当は揚げ物が多く、且つ野菜の量も足りず健康面に懸念があったため、結局身体の具合が回復すると同時にまた元の自炊生活に戻った。


 平日は忙しく、お弁当作る時間が無いので、いつも土曜日にまとめて作っている。
 大量に作ったおかずを毎日少しずつ取り、一週間にかけて食べていく、といったスタイルだ。

 

 毎回作るおかずは多くてもせいぜい4、5種類。
 何とか均等に分配しようとしても、どうしてもほぼ同じものばかりを5日間食べるようになってしまう。
 そこで「飽きないの?」とよく聞かれるが、意外と気にはならず、かえって味が安定し、安心して気持ちよく食べれて良いと思っている。

 


 私のお弁当は、おかずのみだ。

 

 胃袋が弱いせいか、お米を食べると具合が悪くなってしまうので、主食無しの、色とりどりの具材だけがぎっしりつまった不思議なお弁当になってしまった。

 

 だから味付けには十分気をつけなければならない。

 

 まず、そのまま食べてもしょっぱ過ぎないよう、やや薄めにしておく。
 そして、旨味に気を配る。

 

 多少失敗しても、ご飯があればなんとか口の中で中和してくれるが、おかずだけとなると、うまい・まずいが丸出しになる。
 うっかりしてしまったり、手を抜いたりすると、せっかくのお昼時間が罰ゲーム化し、台無しになってしまう。
 駄作を代わりに食べてくれる人がいるわけでもないので、お弁当作りにおいては、いつも気が抜けない。

 


 馴染みのある味が一番落ち着く故、食べ慣れた料理を作ることがほとんどだが、ネタが尽きた時は、お料理アプリや料理本を参考する。
 レシピを眺めながら、普段作らない料理にチャレンジしてみたり、旬の食材を入れてみたり、新しい調味料を試してみたり。

 

 毎週作り続けることは大変だが、色々と勉強も出来て、ちょっとした時に料理の腕前を披露することも出来る。
 これはこれで結構楽しいものだ。

 

 且つバランス良く栄養がとれ、費用も安くおさえられる。
 まさに一石二鳥、いや、一石「三鳥」だ。

 


 時間に余裕がある方は、是非一度自分でお弁当を作ってみてはいかがだろうか。

 

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com

f:id:gifteddecoboko:20190919230055j:plain

(画像元:jyleen21によるPixabayからの画像)