decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

【読書レビュー】『3つ数えて走りだせ』ーー駆け出したいのは、逃げたかったから


Hatena

 

 『3つ数えて走りだせ』を読みました!

 

3つ数えて走りだせ

3つ数えて走りだせ

 

 

 タイトルと本カバーデザインのせいか、つい太宰治の『走れメロス』を連想してしまった。
 それ故、ちょっぴり神話チックな内容かと思ったが、読んでみるとストーリーが実にリアルで身近なものだった。

 


 ある日、突如二人の少年が走り出した。

 

 窮屈な景色が広がる街中。
 それらを振りほどくように、 彼らはひたすら前へと走り続けた。

 

 お金も持ち物も一切なかった。食料を盗んだりもらったりして何とか食いつないだ。
 夜は空き家を探して休み、朝が来るとまた先へ先へと走った。

 

 目的地が無い旅だったが、「目的」はあったーー
逃げる為に。

 

 愛の無い家庭から。
 迫害してくる国から。

 

 思春期のあの独特な不安と苛立ちと、嫌になった全てのものから。

 


 読み出しは非常に単調だったが、物語が進み、少年達の背景が徐々に見え始めるにつれて、味わいがどんどん増してくる。

 

 10代の頃、私も幾度か同じような衝動に駆られ、何もかも捨ててとにかく遠くに行きたいと思ったことがあった。
 自分のことを知っている人が一人もいない、そんな場所に行きたかった。

 

 思えば、あれが「逃げたい」という気持ちだったのだろう。

 

 

🌸この本で一番心に残った言葉:
 「新たな斜面を下っていく十三歳の川。」

 

🌸この本のdeco評価:

 ★★★★☆(満点5★)

 

 

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com