decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

「ラテマネー」との付き合い方


Hatena

 

 皆さんは、「ラテマネー」をご存じだろうか?

 

 これは「ラテ」と「マネー(お金)」を組み合わせた言葉で、

何気に買ってしまうカフェラテのように、
普段ちょくちょく
買っているものに使っているお金
のことだ。

 

 コーヒーだけでじゃない。

 

 例えば
毎日の「ちょっとしたご褒美」であるおやつ、
「ついで」に買ってしまう自販機のお茶とジュース
ランチで「ついつい」付けてしまうサイドメニュー
等々も、全てラテマネーの一つに入る。

 


 ラテマネーは、ほとんどが少額のものだ。
 従って、「これぐらいは大丈夫」と気が緩んでしまい、気が付けばそれが積み重なり大きな出費になってしまう。
 だからラテマネーを意識して、消費をおさえましょうーーと、このように良く言われている。


 私も、これを知ってからしばらくは節約しようと、出来る限りラテマネーを減らしていた。
 缶コーヒーの本数を減らしたり、小腹が空いてもお菓子を買わずに我慢するとかだ。
 最初の頃は比較的順調で、それを通して自分が如何に不要なものにお金を使っていたかが明らかになったことを喜んだ。
 その後、どんどん出費を減らそうと限界まで買い物をおさえてみたがーー
生活のやる気が失せるぐらい、
ストレスがいっぱい溜まってしまった。

 

 そこで、
気持ちを切り替え、
リフレッシュするお金を
使う必要性もある
ことを大いに感じた。

 


 休日であれば、家でゆっくりしたり、遊びに行ったり、ショッピングしたりとかでストレス発散出来るが、普段はそうはいかない。

 

 まとめて休むよりも、平日は
如何に仕事の合間を利用して、
気分転換出来るか
が重要になってくる。

 

 疲れが体調不良と化さないよう、上手に調整しやり遂げなければならない。

 

 そんな中、
缶コーヒーを飲む
チョコレートを食べる
ことが如何に大事なことか。

 

 たったの150円、100円、50円。
 これだけで、気分が大きく変われるのだ。

 


 そう考えると、ラテマネーもちゃんとした役割があって、決してただの無駄遣いではないことが分かる。

 


 もちろん節約出来るところはした方が良い。
 が、それなりの価値を生み出しているラテマネーは、節約してはいけないと、私は思うのだ。

 

 使い過ぎを防ぎたいのならば、「完全に無くす」のではなく、「一部制限をする」がより効果的ではないだろうか。
 例えば「ラテマネーは毎週1500円迄」とかだ。

 

 そうすれば、ストレスを溜め込まずに節約が出来る。

 


 皆さんはこれについて、どう思うか? 

 

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

🌸合わせて読む: 

www.gifteddecoboko.com

f:id:gifteddecoboko:20191008125849j:plain

(画像元:engin akyurtによるPixabayからの画像)