decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

【2019.10.17】ソルリさん、すまない。本当にすまなかった


Hatena

decoの2019年10月17日

 

【ソルリさん、すまない。本当にすまなかった】

今日紹介します記事はこちら!

www.afpbb.com

 

 ファンの間では結構衝撃的な出来事で、ここ数日間ずっと話題になっているこの事件。

 残念ながら私はK-POPにも韓国ドラマにもあまり関心がないもので、この件が起こるまで、私はソルリさんの名前を聞いたことはなく、顔も見たことがなかった。
 ある若者が自ら命を絶ったという記事が流れてきて気になり、それで初めてこの方のことを知ったのだ。

 

 ソルリさんは、14日の午後、自宅で自ら首を吊って亡くなった。
 そして私がニュース記事を読んだのは15日。
 「この方は先日迄はまだ生きていたのに」と、悲しいような、悔しいような、そんな切ない気持ちでいっぱいになり、初めて見る方にも関わらず、「生きていて欲しい」と心の中で強く願った。
 でも、もう既に後の祭りだった。

 


 その後、彼女が亡くなるまでの経緯を色々調べてみたが、ソルリさんは元々対人恐怖症があったようで、事件発生時はうつ病を患っていたとのこと。
 そして、長いことアンチコメントに苦しまれていたことも分かった。

 

 訃報が出された後、関連記事の下には彼女の死を悲しむコメントが大量に書かれていたが、
「当時は彼女を叩いていた人達が何を今さら」
という書き込みも多数見られた。

 

 「偽善だ」、と。

 

 あるコメントに、
「愛は生きているうちだけ受けられるもの。
 死んだら何もない。

 死後に悲しんでくる人々は、その人の死を消費しているに過ぎない。
 時間が経てば、忘れられる。」
とも書かれていた。

 

「死を消費している」

 

 なるほど、偽善である訳だ。

 


 14日から既に3日経とうとしている今も、騒ぎはまだ続いており、相変わらず見るに堪えないアンチコメントもまだ次々と書かれている。
 けど、ソルリさんにとっては、もう全てどうでも良いことになった。

 

 問題は、この世界に残された命達。
 私達だ。

 

 今もどこかで、いじめにより、虐待により、ジワジワと殺されている命がたくさんいる。
 その命はすぐ隣に座っている彼かもしれないし、廊下ですれ違った彼女かもしれない。

 

 家族かもしれない。
 友達かもしれない。
 同僚かもしれない。

 

 私自身かもしれない。

 


 ソルリさんは、私達だ。
 そしてソルリさんを殺したのも、私達なのだ。

 

 

 ソルリさん、貴方をこういった形で知ることは誠に残念なことでした。
 可能であれば、実際一度お会いし、笑い合って生きる喜びを分かち合いたかった。

 

 いくら涙を流してももう貴方を取り戻すことは出来ない。
 それは十分に愛を伝えられなかった私達全員の責任だ。

 

 本当にすまなかった。

 

 本当にすまなかった。

 


 本当にすまなかった。 

 

 

【最近の出来事】

 本格的に天気が冷え始めた。
 衣替えの時期だ。
 
 風邪を引かないよう気を付けなければ。 

 

 

今日も一日お疲れ様です。

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 
🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com

f:id:gifteddecoboko:20191017123054j:plain

(画像元:5933179によるPixabayからの画像)