decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

感情が無くなれば良いのに?


Hatena

 

 あまり信じてもらえないかもしれないが、私がしっかりとした「感情」を持ったのは、ほんの最近のことである。


 長いこと、私はしきりに「感情が無くなれば良いのに」なんて思っていた。
 自分自身の為にも、感情なんてあってはならないと信じていたのだ。

 

 きっかけは、10代の頃。

 

 家庭不和、いじめ、仲良かった友達の裏切り……
 不安定な思春期の心に、これらは嵐のように激しく襲い掛かってきた。

 


 私には逃げ場が無かった。
 そして、もちろん現実を変えることも出来ない。

 

 苦しみもがくしかない、そんな毎日に耐えられなくて、どうせ環境を選べられないのなら、せめて何事にも動じない、無感情な心になりたいと願ったのだ。
 そうすれば、これ以上傷つくこともないだろうと、そう思った。

 

 それから、私は心に蓋をし、気持ちを押し殺して生きることにした。

 


 最初は上手くいったつもりだ。
 反応しない、動揺しない、ごちゃごちゃ考えない、何も気にかけない……

 

 けど、長続きはしなかった。

完全に感情を無くすことは不可能だったのだ。


 悔しいことに、
人の心は、随時何かを感じるように出来ていた。

 


 必死に傷つくまいと気持ちを押さえても、悲しみ、辛さ、寂しさは残ったまま。
 ちっとも楽になんてならなかった。

 

 実際、私は確かにある日とうとう愛情も、幸せも何も感じることが出来なくなっていた。
 が、今思えば、それは単に幸せになるのが怖かっただけ。

 

 そうーー

感情を押し殺そうとしていたつもりが、
実は「幸せ」になるのを避けていただけだったのだ。

 


日々のささやかな幸せをも無情に奪われていく、
あの瞬間が嫌で嫌で。

 

とてつもなく怖くて怖くて。

 

 そんな恐ろしい体験をするぐらいなら、いっそのこと最初からずっと苦しみ続けていた方がマシ、そう思っていたのだ。

 


 結局、努力しても苦しみは日に日に大きくなった。
 感情も消せず、壊れたのは感情の正常機能だけだった。

 


 気持ちは、常に高まったり薄れたりしている。
 何かの気持ちが発生することだけでなく、それが消えてゆけることも、健全な感情機能の一つ、感情のあるべき姿とも言える。

 

 そして、ポジティブ・ネガティブな気持ちは、シーソーのようで、
一方が生まれれば、もう一方は無くなるし、
一方が激しくなれば、もう一方はそれに伴って衰弱していく。

 

 よって、幸せを抑えることは苦しみを増進しているようなもの。
 それで心が軽くなるなんてことは、決して無い。

 


 確かに、幸せであればある程、それが壊れた際の苦しみはより重くなる。
 けど、辛ければ辛い程、そこから救われた後の安らぎの味わいも格別だ。

 

 だから、もし本当に幸せに、楽になりたいのなら、
十分に感情を機能させ、
幸せも、苦しみも、
どの気持ちも大事にしなければならない。

 


 これを悟ってから、大変な時は「乗り越えれば幸せが待っている」と考えながら頑張れるようになった。
 そう思う度に勇気が湧き、たくさんのことを克服出来、私はどんどん強くなれた。

 

 感情が機能するから、悲しみが和らいだ時の、あの暖かさが分かる。
 感情が機能するから、辛かった後にくる幸せが大きくなる。

 

 私は、心の動きの一つ一つを味わいながら生きていくことにした。 

 

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com

f:id:gifteddecoboko:20191023230225j:plain

(画像元:Gino CrescoliによるPixabayからの画像)