decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

【読書レビュー】『本を守ろうとする猫の話』ーー「本の命」を冒涜するな


Hatena

 

 『本を守ろうとする猫の話』を読みました! 

本を守ろうとする猫の話

本を守ろうとする猫の話

 

 

 本の読み方は人それぞれだ。

 

 だから「こう読め」「ああ読め」と強要は出来ないものなのだが、
「本の命」を冒涜するようなことだけは、
決してしてはいけない。

 

 この一冊は、それを教えてくれているようだった。

 


 主人公の林太郎は、祖父の急死で落ち込む日々を送るようになるが、ある日一匹のしゃべる猫と出会う。
 「助けて欲しい」。猫にそう言われ、林太郎はそれを受けて様々な迷宮へと向かう。
 そこで出会った人々は、それぞれ現代の歪んだ読書姿勢を表していた。

 

 ただ読んだ本の数にこだわる人。
 内容味わずにあらすじだけに目を通す人。
 栄養価値の無い、ただ刺激的な内容を本に詰める人。 
……


 乱雑な読書は、本の生命力を消す。
 つまり、本を殺すのだ。

 

 本当に本を愛するなら、決してそんなことをしてはいけない。


 これを通し、私も改めて自分の読書の姿勢を反省するようになった。
 

 

 そういえば猫の正体についてだが、ストーリーの中のヒントを拾ってみたところ、ひょっとしたら……おっと、ここまでにしておこう:)。


 是非皆さんの目で見届けて下さい。

 

🌸この本で一番心に残った言葉:
 「時代を超えてきた古い書物には、それだけ大きな力がある。力のあるたくさんの物語を読めば、お前はたくさんの心強い友人を得ることになる」

 

🌸この本のdeco評価:

 ★★★★☆(満点5★) 

 

 

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com