decoの凸凹Everyday7

ギフテッド、マイノリティとして生きる。生活の知恵探しブログ。凸凹な日常での発見・悟り・考えていることを綴ります:)。

無理に強くなるな、疲れにくいコツを探せ


Hatena

 

 「decoお姉ちゃん、就職って、やっぱり身体が丈夫でないと無理かな」
 そう相談に来たのは、教会仲間である大学生の女の子だ。

 

 「体力がいらない仕事もいっぱいあるよ?」
 「そうじゃなくて……ほら、私って気持ち不安定になりやすいでしょう?それがそのまま身体に出てきちゃうの。腹痛とか、頭痛とか」
 「なるほどね」
 「もし具合のせいでしょっちゅう休んだりして、仕事クビになっちゃったらどうしようって……」

 

 ぴったりの相談相手を見つけたな、と心の中で言った。
 なんせ私は情緒不安定のプロだったからだ。

 


 「情緒不安定」と言っても、別にいつもネガティブなことを考えてイライラしているとかそういうことではない。


 ただ単に「疲れやすい」だけ。

 

感覚が多くの人と比べ過敏で、
些細なことでも刺激的に感じてしまう故、
エネルギーが常にギリギリまで削られ
心の余裕が無いのだ。

 

 だから
さっきまで元気モリモリだったのに
もうぐったりしている
なんてことが多い。

 

 体力が抜ければ自然と機嫌も損ねる
 それが「情緒不安定」の正体なのだ。
 

 

 相談に来たあの女の子も私と似てて、ちょっとしたことですぐ疲れてしまうらしい。
 高校時代はそれでよく学校を休んでいたし、今は体調面を考え、特別な大学に通いつつ無理無く勉強している。

 

 けど、逃げられない就職問題。
 こんな自分を受け入れてくれる職場を、果たして見つけられるだろうか。

 

 「もし仕事が出来ないままでいたら、家族にも迷惑かかるし……どうしよう」
 その責任感の強さが更にストレスになっていた。

 

 「decoお姉ちゃん、就職の為にも、いっぱい運動して身体を強くした方が良いかな?」
 「いや、それはやめた方がいい

 

「無理に強くなろうとしないで」

 


 なぜか世の中は「長時間働いても疲れない」を謳歌しているが、実際、人の「能力」というのは、体力だけじゃないのだ。

 

 創造力、計画力、実行力、傾聴力……

 

 様々なパラメータが組み合わさって、一人の人間の力を作り上げている。

 

 たとえ体力バツグンでも、全く計画が立てずに優先順位が決められず、仕事を台無しにしてしまう人もいれば、
 頻繁に休まなければならない体調でも、瞬発力があり短期間で作業を仕上げられる人だっている。

 

 「だからまず、体力が無い自分を嫌いにならないこと、それに……」

 

「強くなる方法」を考えるより、
「疲れにくい方法」を見つけるべきだ。

 

 

 たとえせっかく第一志望の会社に受かっても、体調不良が原因で長続き出来ないのはどんなに残念なことだろう。
 よって、
「今のうちに自分がどういうことで疲れるのか、
そして何を通せば自分のストレスが解消出来るか」
を徹底的に研究すべきだと思う。

 

 これは何かあった時、親や友人が駆け付けてくれる前に自分である程度対策しておけるようにする為でもある。

 


 なにも「強くなる」ことが「社会適応」ということではないのだ。

 

 「今の自分の出来る・出来ないをしっかり把握すること!」

 


 無言で「うんうん」とうなずく彼女。
 私の意図がどれぐらい伝わったかは分からないが、是非彼女には、自分らしく働ける大人になって欲しいものだ。 

 

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com

f:id:gifteddecoboko:20191112123521j:plain

(画像元:Jose Antonio AlbaによるPixabayからの画像)