decoの日常探求放談

~自己啓発、のちマイノリティ、時々ジャンクフード~

耳栓と職場


Hatena

 

 私は、会社の本社勤務だ。

 

 主に営業部メンバーが集まる場所なので、よく人が出たり入ったり、会議が行われたり、お客様の電話対応等が行われている。
 最近はパソコンでSkype会議も行われるようになり、会議室が満員でも、自分の席で簡単に打ち合わせが出来るようになった。

 

 よってーー

聴覚過敏がある私にとって、
かなり過酷な環境になってしまったのだ。

 


 耳が敏感な私は、賑やかな場所が苦手だ。
 雑音が多過ぎると、動悸、目まい、吐き気や耳鳴りが起こり、ひどい場合はパニック発作にでさえ襲われることもある。
 周囲にある音を分別無く一気に拾ってしまう特性により、相手の話が上手く聞き取れず、会話するのも一苦労だ。
 そんな訳だから、こういったガヤガヤしたところでは、作業に集中出来ない。

 

 普段は外出時にイヤーマフを持参したりしているが、会社ではそれが目立ってしまい、あからさまに「ここがうるさいです」アピールをしてしまうことになる。
 かといって営業部全員に「声を小さくして話して下さい」なんて言うことも出来ない。
 だからしばらくは、辛い度にお手洗いに逃げていた。
 個室で耳を塞ぎ、深呼吸をし、落ち着くまでじっとしていた。

 

 時間に余裕がある時はこれでも構わなかったが、納期に追われて一刻も早くタスクを終えたい時、いちいちこうするのはとても非効率で、仕事に支障が出た。

 

 このままではダメだ。

 


 そしてある日、私は勇気を出して上司に事情を説明した。

 

 音で苦しんでいること。
 それ故体調不良が頻繁に起こり、正常に仕事が出来ないこと。

 

 ありがたいことに、上司はすんなり「耳栓をして良い」と許してくれた(イヤーマフはやはり目立つのでダメだった)。

 


 早速職場に持ってきたのは、シリコンタイプの耳栓。

 

 水泳選手が良く使うといわれている、透明の耳栓だ。
 粘土のように自由に形を変えられるタイプなので、耳にフィットして着用出来る。
 耳の穴に入れず、被せるように穴の外側を覆って使うのだ。
 耳の中に入れる感触が嫌な私でも楽に使えたし、汚れにくいので、繰り返し使えた。
 目立たないし、イヤーマフ並みの効果も出せた。

 

 今も愛用している。

 


 たまに上司に呼ばれても聞こえなくなる時があるが、それは前もって理解をいただいているので、私が返事ない時は
手を振って、
視覚的に気付くよう配慮してくれている。

 

 とても助かる。

 


 これでストレスも減り、作業効率もアップした。
 理解ある職場で、本当に良かったと思っている。

 

ちょっとした工夫と考慮で、

生きやすさが断然違って来る。

 

 

 

 

 

>ブログ村&人気ブログランキング参加中です!<
>下記バナーをポチッとクリックしていただけましたら大変励みになります!:)<

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

にほんブログ村 ライフスタイルブログへブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

🌸合わせて読む:

www.gifteddecoboko.com

f:id:gifteddecoboko:20191212201847j:plain

(画像元:Anke SundermeierによるPixabayからの画像)